• ホーム
  • ニーサ投資で住石HD株価の日経平均の寄与度について

ニーサ投資で住石HD株価の日経平均の寄与度について

封筒の中にあるお金

日経平均株価はぐんぐんと上昇していて、さらなる上昇を期待して投資をしてみようと考えている人も多いのではないでしょうか。
そこで、100株から購入することが出来配当も出て、株価も手頃な住石HD株価に目をつけてニーサ口座に入れてみようと考えた時に、住石HD株価は日経平均株価にどれだけの影響があるのかと思う人もいることでしょうが、住石HD株価は日経平均株価の構成銘柄に含まれていないので、日経平均と何の関係もありません。
日経平均株価というのは東証一部の中心となる225銘柄の平均値となるので、住石HDのような銘柄は全く日経平均株価に影響を及ぼさないものとなっています。
日経平均株価というのは、単純に平均をしたものであるため銘柄によって寄与度というのが変わってくるものであり厳密に全体の動きを反映しているものとは限りません。
そのため、一部の値嵩株の寄与度というのは非常に大きなものとなっていて、時価総額が大きな銘柄よりも単純に株価が高い銘柄のほうが寄与度が高いものとなってしまっているため、その銘柄だけが上昇すれば日経平均株価自体も上昇することがあるため日経平均株価が上昇しているからといって全体の地合が必ずしも良いとはいえませんが、影響の大きい指数であることは間違いないのでニーサに入れる銘柄を選ぶ時にも日経平均株価は参考になるものです。
そして、住石HDのような株価の低い銘柄であっても地合というのは重要なものとなりますから、ニーサに入れることを考えているのであればたとえ寄与度に影響がないとしても日経平均株価をチェックしてできるだけ地合いが好調な時に購入をすることで、より大きな利益を出しやすくなります。

サイト内検索
人気記事一覧