• ホーム
  • ニーサ口座開設に伴う注意とは?

ニーサ口座開設に伴う注意とは?

日本円の札と硬貨

ニーサは、2014年からスタートした少額投資非課税制度のことで、イギリス発症の個人貯蓄口座の制度をもとにしています。
通常の株式投資では利益に対して20%の課税がされることになっていますが、ニーサを利用することで100万円分までの投資での利益は非課税となるものです。また2016年には120万円に増額されることになっています。
ニーサでの対象は株式投資と投資信託などとなっていますが、利用するさいには専用の口座を開設する必要があり、開設できるのは金融機関または証券会社などのどれか1つであることです。複数の口座を保有することはできないので口座開設するさいには注意が必要です。ただし口座の変更は毎年行うことができます。
また注意点としては、非課税対象となるのは株や投資信託の値上がり益や配当金などが対象であるということです。このさいに口座の投資枠の期間は5年間となっています。毎年の非課税投資枠は100万円であるため、スタートすると毎年枠が拡大し最終的には500万円分の非課税枠が確保できる仕組みです。また制度継続期間では、現状では2013年までは10年間となっているので、実質的には1000万円の非課税融資枠を設定することができるようになっています。ただしニーサは利益に対しては非課税となっていますが、損失に関しては翌年などに繰越できない仕組みとなっています。通常の株式取引では、損失を翌年に繰り越せる仕組みとなっているため、この点ではニーサはやや不利といえます。
一方で、ニーサの口座開設は20歳以上が条件でしたが、ジュニア・ニーサでは未成年でも口座開設することができ80万円分の非課税枠が設定されています。